PLUS ONE COFFEE vol.3「ホンジュラス」 | WHITE COFFEE(ホワイトコーヒー)

PLUS ONE COFFEE vol.3「ホンジュラス」

コーヒーを愛する皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

「好み拡張」をお楽しみいただいている皆さまには、「好み探求」で選び抜いた「運命のコーヒー」と一緒に、私たちが厳選した「PLUS ONE COFFEE」もお届けしています。

過去にお届けした「PLUS ONE COFFEE」を振り返りながら、復習を兼ねて次の「PLUS ONE COFFEE」に繋げて行こうかなと思っています!

今回ご紹介するのはこちら!

2020年11月は「ホンジュラス」をお届け

写真はホンジュラスの夕日。綺麗ですね〜 Photo by Manuel Chinchilla on Unsplash

今回紹介するのは、「ホンジュラス」の豆です!
産地国ホンジュラスは、中南米にありグアテマラの横に位置し、そのホンジュラス西部コパン県のカフェスコール農協が取り扱っている豆をお届けしております。

ホンジュラスは、コーヒーの生産背景を想像すると個人的にはわくわくするコーヒーでした。個人的には「カフェスコール農協」ということだけでとても気になってしまうのです。

平均標高約1,200m〜1,700mで収穫されたこの豆のは、カトゥーラ、カトゥアイ、イエローブルボンなどの品種が混ざった混合種です。なんと、131軒もの農家から集められています!

この混合種ということだけでも、更に気になってしまいました。

精選方法はウォッシュド(水洗式)で、乾燥方法は天日乾燥とドラム機械乾燥を併用しています。天日で予備乾燥を行うことで、機械乾燥の急激な乾燥による品質への影響を最小限にしているのです。

さらにはこの精製加工プロセスを経て、はたしてどんなコーヒーになっているのか、ホント気になってしまったんです。

今回、こちらの豆を深煎りでご用意させていただきました。ほのかな甘みと共に、ライトな酸味が残っているため、苦味がありつつもあっさりした飲み口になっています。

気になる、気になる、気になる、と書いて来ましたが、好奇心の旺盛なロースター目線だと、どんな味か想像つかない感じに好奇心を踊らされてしまったのです。
一体どんな風に仕上がっているのか!気になることだらけの豆でした。笑

酸味がちょっと苦手という方は、90度ぐらいのお湯で量を多めにして、酸度を中和して飲んでみるのもよいかもしれません。いろんな酸味があるので、是非、試してみてください!

結果、思った以上に良い豆でした。袋や年ごとに若干ばらつきがありそうですが、個性があって面白いなぁと思ってしまいます。今思うと、もう少し浅めで焙煎してみるのもありかなとは思っています。

今回も、読み返すって面白い!

清田のひとりごと

今回の産地は農協です。農協!って思われた方もいらっしゃるんじゃないですか?

コーヒーは単一の農園(プランテーション型)で管理されたものがよく知られていますが、農家が集まり共同で生産をしている農協の様なグループやコミュニティーが世界には数多く存在しています。農協で取り扱っている豆は、複数の農家からコーヒーを集めたり、過去に植えた品種と最近の植えた品種が異なったりして、混合種になるケースがあります。

気になる農協。つまり、コミュニティが育むコーヒーなのかと思うと、どんな暮らしの方々が育てているか想像しちゃいます。
昨今、SDGsが話題になっていますが、この地域は地域で持続可能なコーヒー生産を基盤を既に構築しているのかもしれません。色々と勉強になりそうですね。

複数の農家から集荷する場合、集荷から乾燥(焙煎する前のコーヒー豆)までの各農家の管理体制が品質に影響するのですが、カフェスコール農協では、集荷から乾燥まで一貫した生産体制を築いて、精選後はカッピングを行い品質の維持に努めています。

栽培・生産の技術やモチベーションが、農家によってまちまちだったりするのですが、生産者ミーティングを頻繁に実施し栽培時・収穫時の学習会を定期的に行ったりと、とても熱心な農家が集まった農協なのです。

しかも、高品質のコーヒーを生産する農家には、インセンティブがついたりするみたいですよ!

コーヒーは、私達が飲める状態になるまでに、様々な苦労を経ているのですが、コーヒーを愛するみなさんが、そんな生産者の方々を支えてくださっているのです!

ということで、今日も美味しくコーヒーを頂きましょうね〜

様々な農家の方が、どのようにしてまとまっていったのか、どんな方々が関わったのか、機会があったら調べようかなと改めて思いました。

いかがでしたか?
ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます!

ぜひ、皆さまにも、こんなマニアックな小ネタを読みながら、私たちが厳選した「PLUS ONE COFFEE」を楽しんでいただきたい!
好み探求」と合わせて、「好み拡張」を何卒よろしくお願いいたします!!

ということで「PLUS ONE COFFEE」いかがですか!?

皆さまのコーヒーライフが、
よりいっそう豊かになりますように。

WHITE COFFEEバリスタ 清田

わたしたちは、業界初の取り組みとして、コーヒー豆の「好み診断」キットを発売しました。
コーヒー好きでも実はよくわかっていない「自分の好み」を、しっかりと自覚できるようになりますよ!